離婚相談 横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 離婚を考える2前提・4ポイント > 離婚の前提(1)子供(未成年)

離婚の前提(1) 子供(未成年)

子供(未成年)がいる場合

未成年の子供がいる場合、通常、子供のことが離婚を考えるうえでかなりの優先事項になります。
離婚するかどうかについて、子供のことを念頭に置いて考える必要が生じます。
離婚するとしても、いつ離婚するか、どうやって離婚するか、親権者、養育費、面会交流(面接交渉)などが問題となります。
そして、離婚する場合の子供への影響と、離婚しない場合の子供への影響を比較するのは、本当に難しい問題だと思います。そのことに、財産的な問題もかかわってきます。
具体的な状況は皆様それぞれですので、まずは弁護士にご相談ください。

子供(未成年)がいない場合

子供がいない場合や、子供が成人している場合は、未成年の子供がいる場合に比べ、優先的な検討事項が異なってきます。
離婚するかどうかについて、あるいは離婚するならいつ離婚するか、どうやって離婚するかや、財産的な問題について、ご自身の今後のこととの関係で考えるのが通常です。
具体的な状況は皆様それぞれですので、まずは弁護士にご相談ください。

離婚について

離婚の弁護士相談離婚の弁護士相談
離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
協議離婚のご相談・ご依頼協議離婚のご相談・ご依頼
離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
お問い合わせお問い合わせ
離婚の概要離婚の概要
離婚協議離婚協議
離婚調停離婚調停
離婚裁判(離婚訴訟)離婚裁判(離婚訴訟)
離婚を考える 2前提・4ポイント離婚を考える 2前提・4ポイント
離婚を考える 2前提・4ポイント
menu13.gifmenu13.gif
離婚のポイント1 離婚の可否離婚のポイント1 離婚の可否
離婚のポイント2 子供のこと離婚のポイント2 子供のこと
親権者親権者
養育費養育費
面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)
離婚のポイント3 お金・財産のこと離婚のポイント3 お金・財産のこと
財産分与財産分与
財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想
慰謝料慰謝料
年金分割年金分割
婚姻費用婚姻費用
離婚のポイント4 離婚成立までのこと離婚のポイント4 離婚成立までのこと
離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階
離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い

弁護士・事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ