• HOME
  • >
  • 離婚の準備・検討事項

離婚の準備・検討事項

Q 離婚したいのですが、どんなことを考えればいいのでしょうか?
Q 離婚したいと言われたのですが、どんなことを考えればいいのでしょうか?

離婚の準備として検討すべきこととして、2つの前提と、4つのポイントが考えられます。これらの検討事項を、以下ご説明していきます。


離婚を考える2前提

離婚を考える大きな前提として、(1)子供がいるかいないか、(2)双方の離婚意思と離婚理由、の2つがあります。

(1)子供がいるかいないか

未成年の子供がいる場合、通常、子供のことが離婚を考えるうえでかなりの優先事項になります。離婚するかどうかについて、子供のことを念頭に置いて考え、離婚するとしても、いつ離婚するか、どうやって離婚するか、親権者、養育費、面会交流(面接交渉)などが問題となります。そして、離婚する場合の子供への影響と、離婚しない場合の子供への影響を比較するのは、本当に難しい問題だと思います。そのことに、財産的な問題もかかわってきます。
他方、子供がいない場合は、状況が異なります。
 

(2)双方の離婚意思と離婚理由

夫婦の双方に離婚意思があれば、離婚の話し合いがしやすくなります。
これに対し、一方が離婚を拒絶する場合、離婚の話し合いは難しくなることが予想されます。この場合、法的には、離婚理由が性格の不一致だけでは離婚は認められにくい方向にはたらき、相手の不貞や暴力等があり立証できれば離婚は認められやすい方向にはたらきます。また、状況によってはモラハラ等が検討事項となることもあります。
 
具体的な状況は皆様それぞれですので、まずは弁護士にご相談ください。


離婚を考える4ポイント

1. 離婚の可否

夫婦の双方に離婚の意思があれば、離婚は可能です。
しかし、夫婦の一方に離婚の意思がなければ、離婚できない可能性も出てきます。

2. 子供のこと

離婚をする夫婦に未成年の子供がいれば、子供の親権者、養育費、面接交渉(面会交流)などについて定めることになります。

3. お金・財産のこと

財産分与、慰謝料、年金分割などが問題となります。

4. 離婚成立までのこと

離婚成立までの過ごし方や、別居する場合の生活費、さらに弁護士に相談・依頼するかどうか、離婚の手続をどうするか等について考えることになります。
横浜都筑法律事務所の弁護士に寄せられる離婚相談は、ほとんど、以上のどれかにかかわっています。


離婚の準備・検討事項の相談事例

離婚の準備・検討事項に関する相談事例を、ごく一部ですがご紹介します。お問い合わせの参考になさっていただければと思います(ご回答は皆様の実情により異なります)。
・離婚の準備として、何を考えておけばいいでしょうか。
・離婚は、何を重視して考えるべきでしょうか。
・離婚しても今までと同じ生活レベルを維持できますでしょうか。
・インターネット上で見かけたとおり離婚をするためには、何をすればいいでしょうか。
・離婚を進めるために、まずは親から相手に話してもらったほうがいいでしょうか。

離婚手続きの全体図
離婚について
横浜で離婚の弁護士相談横浜で離婚の弁護士相談

離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用

離婚の解決事例離婚の解決事例

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

協議離婚のご相談・ご依頼協議離婚のご相談・ご依頼

離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について

お問い合わせお問い合わせ

離婚の概要離婚の概要

離婚協議離婚協議

離婚調停離婚調停

離婚裁判(離婚訴訟)離婚裁判(離婚訴訟)

離婚の準備・検討事項

離婚の可否と離婚の原因離婚の可否と離婚の原因

離婚と子供の問題離婚と子供の問題

親権者親権者

養育費養育費

面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)

親権・養育費・面会交流の相談事例親権・養育費・面会交流の相談事例

離婚とお金・財産の問題離婚とお金・財産の問題

離婚の財産分与離婚の財産分与

財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想

離婚と慰謝料離婚と慰謝料

離婚時の年金分割離婚時の年金分割

財産分与・慰謝料・年金分割の相談事例財産分与・慰謝料・年金分割の相談事例

婚姻費用婚姻費用

離婚成立までのこと離婚成立までのこと

離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階

離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題

弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

アクセスマップアクセスマップ

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ