離婚相談 横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 離婚の概要 > 離婚調停

離婚調停

Q 離婚調停とは、どういうものなんでしょうか?何をするんでしょうか?

離婚調停とは

離婚調停とは、裁判所で、裁判所の調停委員を介して、離婚するかどうかや、離婚する場合の決めごとなどについて話し合う手続です。
離婚の手続には、離婚協議、離婚調停、離婚審判、離婚裁判(訴訟)があり、離婚調停は、離婚について裁判所を利用する最初の手続となります。

離婚調停は話し合いの場です

離婚調停は、話し合いという点では協議離婚と同じです。
実際に離婚調停での話し合いを取り持つのは、男女2名の調停委員です。調停委員は、様々な社会的経験や知識を持つ、裁判所から委嘱された人です。
そして、離婚調停では、夫婦が交互に調停室に入り、調停委員を介して話し合いを進めます。弁護士に依頼していれば、その弁護士も代理人として同席します。

離婚調停の成立は判決と同じ効力を持ちます

協議離婚では、離婚届を役所に提出しなければ離婚は成立しません。これに対し、離婚調停が成立すると、そのときに離婚が成立します。
そのときに双方が合意した内容は、裁判所の作成する文書(調停調書)となり、それは判決と同じ効力を持ちます。判決と同じ効力ということは、一方が約束を守らない場合に、他方が強制執行をする根拠となるということです。
このように、離婚調停は、話し合いの場ですが、その調停成立は、強制執行をする根拠となります。

離婚審判への移行

離婚調停は成立しないけれど、主要な点は合意しており離婚させた方が双方のためになる場合などに、家庭裁判所が職権で審判を下すことがあります。
ただし、実際に離婚審判に移行する例は多くなく、例外的な方法です。

離婚手続の全体像

離婚について

離婚の弁護士相談離婚の弁護士相談
離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
協議離婚のご相談・ご依頼協議離婚のご相談・ご依頼
離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
お問い合わせお問い合わせ
離婚の概要離婚の概要
離婚協議離婚協議
離婚調停
離婚裁判(離婚訴訟)離婚裁判(離婚訴訟)
離婚を考える 2前提・4ポイント離婚を考える 2前提・4ポイント
前提(1)子供(未成年)前提(1)子供(未成年)
menu13.gifmenu13.gif
離婚のポイント1 離婚の可否離婚のポイント1 離婚の可否
離婚のポイント2 子供のこと離婚のポイント2 子供のこと
親権者親権者
養育費養育費
面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)
離婚のポイント3 お金・財産のこと離婚のポイント3 お金・財産のこと
財産分与財産分与
財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想
慰謝料慰謝料
年金分割年金分割
婚姻費用婚姻費用
離婚のポイント4 離婚成立までのこと離婚のポイント4 離婚成立までのこと
離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階
離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い

弁護士・事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ