離婚相談 横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

HOME > 離婚の概要 > 離婚裁判(離婚訴訟)

離婚裁判(離婚訴訟)

Q 離婚裁判とは、どういうものなんでしょうか?何をするんでしょうか?

離婚裁判(離婚訴訟)とは

離婚裁判(離婚訴訟)とは、調停不成立の後に訴えが提起された場合や、審判に対する適法な異議があった場合に、離婚を認めるかどうかや、離婚を認める場合の決めごとなどについて裁判所が判断する手続です。
ただし、裁判所で話し合いをして合意すれば、裁判所の判断をまたずに和解で終えることができます。

法律が規定する離婚理由

離婚裁判(離婚訴訟)の判決では、法律上、離婚そのものが認められるかどうかが判断されます。法律は、離婚を認める場合として、以下のことを規定しています(民法770条)。

 1. 不貞行為
 2. 悪意の遺棄
 3. 3年以上の生死不明
 4. 回復の見込みがない強度の精神病
 5. その他婚姻を継続し難い重大な事由

離婚裁判(離婚訴訟)でも話し合いはできます

離婚裁判(離婚訴訟)では、裁判官から、和解協議、つまり話し合いをするかどうか問われることがあります。これに双方が応じれば、離婚調停のときと似たような話し合いになります。
そうすると、改めて、離婚するかどうかや、親権、養育費、面会交流(面接交渉)、財産分与、慰謝料などについて、話し合うことができます。離婚することで話し合いがまとまると、和解による離婚となります。

離婚裁判(離婚訴訟)は弁護士にご依頼を

離婚裁判(離婚訴訟)は、主張書面や証拠を提出しあいます。和解協議の時期や内容によっては陳述書の作成や尋問もあります。
離婚裁判(離婚訴訟)は、弁護士にご依頼なさるべきです。

離婚手続の全体像

離婚について

離婚の弁護士相談離婚の弁護士相談
離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
協議離婚のご相談・ご依頼協議離婚のご相談・ご依頼
離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
お問い合わせお問い合わせ
離婚の概要離婚の概要
離婚協議離婚協議
離婚調停離婚調停
離婚裁判(離婚訴訟)
離婚を考える 2前提・4ポイント離婚を考える 2前提・4ポイント
前提(1)子供(未成年)前提(1)子供(未成年)
menu13.gifmenu13.gif
離婚のポイント1 離婚の可否離婚のポイント1 離婚の可否
離婚のポイント2 子供のこと離婚のポイント2 子供のこと
親権者親権者
養育費養育費
面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)
離婚のポイント3 お金・財産のこと離婚のポイント3 お金・財産のこと
財産分与財産分与
財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想
慰謝料慰謝料
年金分割年金分割
婚姻費用婚姻費用
離婚のポイント4 離婚成立までのこと離婚のポイント4 離婚成立までのこと
離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階
離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い

弁護士・事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ