離婚相談 横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所

問い合わせ

親権者

Q 私も相手も親権を譲る気がないのですが、親権者は何によって決められるのでしょうか?

親権者とは

親権者になるということは、子供を監護・教育し、子供の財産を管理する側(要するに、子供を育てる側)になることです。
婚姻中は、夫婦が共同で親権者となります。これに対し、離婚すると、夫婦の一方が親権者となります。

離婚では親権者を定める必要があります

未成年の子供がいる場合、離婚が成立するためには夫婦の一方を親権者として指定することが必要になります。
離婚届は、どちらが親権者になるのか記載しないと受理されないというのが法律の定めです(民法765条1項、819条1項)。

親権者を定める要素

離婚する夫婦のどちらを親権者にするかは、その夫婦の合意で決めることができます。
その合意ができない場合、調停や裁判で親権者を決めるための要素としては、

 *継続性(現実に子供を養育監護していること)
 *監護体制(家庭環境、居住環境、経済状態など)
 *兄弟姉妹の不分離(離ればなれにするのは好ましくない)
 *子供の意思
 *母親優先(子供の年齢が低いほど重視されやすい)

などがあります。

これらを、協議離婚を検討する段階から、調停や裁判になった場合を考える指標にします。

離婚について

離婚の弁護士相談離婚の弁護士相談
離婚に関する弁護士費用離婚に関する弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
協議離婚のご相談・ご依頼協議離婚のご相談・ご依頼
離婚調停のご依頼について離婚調停のご依頼について
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
お問い合わせお問い合わせ
離婚の概要離婚の概要
離婚協議離婚協議
離婚調停離婚調停
離婚裁判(離婚訴訟)離婚裁判(離婚訴訟)
離婚を考える 2前提・4ポイント離婚を考える 2前提・4ポイント
前提(1)子供(未成年)前提(1)子供(未成年)
menu13.gifmenu13.gif
離婚のポイント1 離婚の可否離婚のポイント1 離婚の可否
離婚のポイント2 子供のこと離婚のポイント2 子供のこと
親権者
養育費養育費
面会交流(面接交渉)面会交流(面接交渉)
離婚のポイント3 お金・財産のこと離婚のポイント3 お金・財産のこと
財産分与財産分与
財産分与の柔軟な発想財産分与の柔軟な発想
慰謝料慰謝料
年金分割年金分割
婚姻費用婚姻費用
離婚のポイント4 離婚成立までのこと離婚のポイント4 離婚成立までのこと
離婚の話し合い3段階離婚の話し合い3段階
離婚後に起きる法的問題離婚後に起きる法的問題
弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い

弁護士・事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ