• HOME
  • >
  • 離婚の検討

離婚の検討

離婚の検討

  • HOME
  • >
  • 離婚の検討

離婚を検討するうえでの視点

離婚をするためには、検討すべきことがいろいろあります。
また、離婚するかどうかを考えるためにも、検討すべきことがいろいろあります。
それら検討をするうえでの視点として、以下のとおり、2つの前提と、4つのポイントが考えられます。
これらは、当事務所における弁護士相談の主要なテーマになっています。

前提

  • 双方の離婚意思
  • 子どもがいるかいないか 

ポイント

  • 離婚の可能性
  • 離婚と子ども
  • 離婚とお金・財産
  • 離婚成立までのこと

以下、それぞれご説明していくことにします。


離婚を検討する2前提

双方の離婚意思

離婚する意思は夫婦の双方にあるのか、一方にしかないのかは、ほかのことを考える大前提です。 

夫婦の双方に離婚意思があれば、離婚そのものはできることになり(子どもがいる場合は親権者確定が前提)、あとは諸々の条件の取り決めに関する検討に移ります。

双方がどのような意思を持っているかは、後掲の「離婚を検討する4ポイント」のうち「離婚の可能性」にも関係します。

子どもがいるかいないか

未成年の子どもがいるかいないかも、通常、離婚を検討するうえでの、かなり大きな前提になります。

離婚を検討するうえで、子どもの年齢や学校のことなどとの兼ね合いについて思案することがあります。

離婚する場合としない場合それぞれ、子どもの心情や成長にどう影響するのかということが、離婚を検討するうえでの悩みになることもあります。

他方、未成年の子どもがいない場合は、検討の状況が異なります。


離婚を検討する4ポイント

離婚を検討するうえでの4ポイントについては、以下それぞれタイトルをクリックしていただくと、具体的なご説明のページへ移ります。

離婚の可能性

離婚意思が双方にあるのか一方のみにあるのかと、離婚原因は何かの組合せを考えながら検討をします。

離婚と子ども

未成年の子どもがいれば、親権者、養育費、面会交流等に関する取り決めについて検討をします。

離婚とお金・財産

財産分与、慰謝料、年金分割、婚姻費用等に関する取り決めについて検討をします。

離婚成立までのこと

この間の過ごし方などについて検討をします。


離婚の検討に関する相談事例

離婚の検討に関する相談事例を、ごく一部ですがご紹介します。お問い合わせの参考になさっていただければと思います(ご回答は皆様の実情により異なります)。

  • 離婚について検討するうえでは、何を考えればいいでしょうか。
  • 離婚するかどうかは、何を重視して検討すべきでしょうか。
  • 離婚しても今までと同じ生活レベルを維持できますでしょうか。
  • インターネット上で見かけたとおり離婚をするためには、何を検討すればいいでしょうか。
  • 離婚について検討しているのですが、まずは親から相手に話してもらったほうがいいでしょうか。