• HOME
  • >
  • お金・財産の問題

お金・財産の問題

  • HOME
  • >
  • お金・財産の問題

離婚とお金・財産の法的問題

離婚とお金・財産に関するテーマとして、主に、財産分与、慰謝料、年金分割があり、別居する場合は婚姻費用が問題となります。
 
財産分与は、夫婦が協力して築いてきた財産を分配することです。
慰謝料は、離婚の精神的苦痛に対する損害賠償です。
年金分割は、婚姻中の厚生年金(旧共済年金を含む)の納付記録を分割する制度です。
婚姻費用は、婚姻は継続しながら別居する場合の、生計費の分担です。
 
いずれもお金にまつわることになり、重要な検討事項と思われます。
各ご説明ページをご案内します。
 

お金・財産の各ページご案内

以下それぞれクリックしていただくと移動できます。 
 
財産分与         

    • 財産分与の割合、対象財産、特有財産や、財産分与の種類などをご説明します。

 
慰謝料          

    • 慰謝料の原因、算定要素、金額や、払い方などをご説明します。

 
年金分割         

    • 合意分割と3号分割、年金分割の請求期限などをご説明します。

 
婚姻費用         

    • 婚姻費用の計算、婚姻費用と学校教育費との関係などをご説明します。

 

  • なお、養育費もお金に関することですが、「離婚と子ども」コーナーに掲載しており、以下をクリックして移動できます。

  養育費 


お金・財産と離婚意思の関係

お金・財産については、どれだけ確保できるかによって、離婚するかしないかの意思に影響することがあります。
金銭感覚や今後の生活設計などとの兼ね合いであり、離婚について決着する方向性を探る材料といえると思います。
 
このため、お金・財産に関して、離婚の検討や準備を始める当初から、考えておくべきことになります。
まずは、弁護士に相談してみてください。
 

お金の特殊性

上記のとおりお金・財産に関して様々な検討をすることになりますが、お金の場合、名目は何であっても、お金であることに変わりありません。
そこで、名目を工夫するなどして、一方が他方に支払うお金の金額を決めることもありえます。