婚姻費用

婚姻費用

婚姻中の生活維持費用

婚姻費用とは、夫婦が婚姻中、通常の社会生活を維持するのに必要な生計費のことです。衣食住の費用、医療費、子供の養育費などが含まれます。
民法760条は、婚姻費用の分担として、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する。」と定めています。

別居中の分担が問題に

婚姻費用の分担が問題となるのは、一般的には、夫婦が別居し、その後に離婚成立または別居解消(同居)するまでの間です。
子供がいなければ収入の多い側が収入の少ない側の生活費の補てんとして、子供がいれば、子供と同居していない側が子供と同居している側の生活費の補てんとして、婚姻費用の分担額を支払います。ただし、収入の状況によっては分担額が0円ということもあります(下でご紹介する算定表をご参照ください)。



簡易迅速な算定表を最高裁が公表

婚姻費用について、養育費とともに、簡易・迅速な算定を目的とした算定表が最高裁判所から公表されています。
以下のリンクから開くことができ、父母の間で婚姻費用を支払う側を「義務者」、支払を受ける側を「権利者」として、縦軸の義務者の年収からのばした線と、横軸の権利者の年収からのばした線とが交差する箇所を婚姻費用の額とするものです。
 ⇒養育費・婚姻費用算定表(PDF)

算定式で計算することも

上記の算定表は、婚姻費用の厳密な金額を導き出すものではなく、ある程度の幅を持たせた設定になっています。そこで、この算定表の基となっている標準的な算定式で婚姻費用を計算することも多くあります。
その算定式については次ページでご紹介しており、以下のリンクからも移動できます。
 婚姻費用の算定ページへ



裁判所が額面と異なる評価や調整 

婚姻費用の標準的な算定は以上のとおりですが、実際には、収入について額面とは異なる裁判所の評価や、金額について裁判所の裁量による調整などされることもあります。たとえば、額面よりも高い収入を得られるはずだという潜在的稼働能力で評価されることもあります。