養育費はいつから払うのか

養育費の始期

養育費は、いつから、いつまで払うのか。
このうち、いつから払うのか、すなわち養育費の始期については、離婚調停や裁判で離婚とともに定める場合と、離婚後に養育費請求の調停・審判が起こされた場合とで状況が異なります。

養育費を離婚とともに定める場合は、離婚時から払うこととするのが通常です。
これに対し、離婚後に養育費請求の調停・審判が起こされた場合に争いになりがちです。


養育費を離婚とともに定める場合

養育費は、離婚調停や裁判で離婚が成立した場合には、離婚成立の時点から払うことになります。

すなわち、養育費の始期は、離婚調停の成立や裁判における和解成立の場合はそれらの成立時から、裁判における判決による離婚の場合は判決の確定時からということになります。


養育費を離婚後の調停・審判で定める場合

養育費を離婚時に定めておらず、その後に養育費請求の調停または審判の申立てがされた場合、実務の多くは、養育費の支払は調停または審判の申立日の属する月からとされます。

調停・審判の申立て前に請求があった場合

ただし、離婚後、養育費の支払いについて、親権者が非親権者に対し、調停または審判を申し立てるよりも前に請求することがあります。

養育費を受け取る側としては始期を早くしたいと考え、請求時が始期であると主張し、支払う側としては始期を遅くしたいと考え、調停または審判の申立日の属する月が始期であると主張すると、争いになります。

養育費を内容証明郵便で請求していたなど、請求のあったことが客観的に明確であれば、請求のあった月から認められることがあります。


養育費はいつまで払うのか

養育費はいつまで払うのか、すなわち養育費の終期については、以下のページに掲載しています。


養育費の冒頭ページへ、以下のリンクから移動できます。